高収入の看護師求人を探すポイント

給与額の高さだけで決めないこと

看護師さんの転職理由として、現在の給与に納得が行かないのでより高給与の職場への転職を考えているというものは非常に多いです。

給与所得者の平均年収が408万円(平成24年度国税庁民間給与実態統計調査)に対して、看護師の平均年収は471万円ですから、比較的高年収といえます。(平成23年厚生労働省「看護師賃金構造基本統計調査」より)

看護師だけに限らず、給与、年収は確かに気になるポイントでしょう。

しかし、表面的な給与額の高さだけで転職先を判断してしまい、実際にどんな勤務条件なのか、休日や休暇などの労働条件をしっかりと確認することなく転職してしまって、実際に働き始めてから後悔する看護師さんも多いのです。

給与の高さだけで転職先を決めてしまって、自分の看護に対する考え方と大きく異なる病院で働いてしまってストレスを感じてしまったり、「ただお金のために働く」という状況になってしまっては、またすぐに転職を考えることになりかねません。

また、そんな看護師さんに看護される患者さんにとっても決してハッピーではないでしょう。

仕事内容や人間関係などの職場の実態もしっかり確認

給与面を優先するとしても、必ずその職場で自分が働く姿をイメージして自分がイキイキと働けるのか、仕事の内容や実際にどのような看護をしているのか、その病院の看護観に共感できるのか等を確認しましょう。

そのためにも自分ひとりで転職活動せずに看護師転職サイトに会員登録して、看護師転職専門のキャリアコンサルタントと一緒に転職活動をすすめましょう。

コンサルタントはこれまで数多くの看護師さんの高収入・収入アップの転職を成功させてきた事例がありますから、転職先との年収の交渉も上手にやってくれますし、自分ひとりではなかなかできない職場の実態調査も代行してくれます。

転職先との年収の交渉については、看護師さんのキャリアとスキルによっておおよその相場というものがありますから、経験豊富なコンサルタントに任せる方が成功する可能性はグッとアップします。

このページの先頭へ