日勤常勤の看護師求人を探す

日勤常勤看護師求人を探す際のポイント

シフトの自由度はどの程度か確認しよう

日勤常勤は規則的な勤務体系となるのがメリットとも言えますが、リフレッシュのための休日は大切。有給休暇は実際に取得できるのか、取得率はどの程度がしっかり確認しておきましょう。


基本給の高い求人を狙おう

夜勤がないので当たり前ですが夜勤手当がなく、その分お給料も下がってしまいます。手当が減っても基本給が高めならボーナスが増えるので、年収では思ったほど下がらないということになります。


コンサルタントと一緒に転職活動しよう

数多くの看護師さんの理想の転職成功をサポートしてきた看護師転職支援会社のコンサルタントと一緒に転職活動することで、一人で転職活動していては入手できないような貴重な情報もしっかり確認できます。


日勤常勤の求人を探すなら


日勤常勤の看護師求人で転職するために

「子育て、家庭との両立を優先したい」

「夜勤が続き体調がすぐれない」

「総合病院でひととおりスキルは磨いたのでこれからは家族との時間も大切にできる働き方がしたい」

「子供のことを考えて夜勤は避けたい」

「子供に親の仕事を中心とした生活をさせたくない」

「夜勤は避けたいが、正職員で働きたい」

そんなことを考えて日勤常勤の求人を探す方は多いですね。

そこで、まずは「一番大切にしたいものは何なのか?」

ここをとことん考えましょう。

今は仕事を優先したいという方もいらっしゃるでしょうし、やはり子供やパートナーとの時間を大切にしたい、という方もいらっしゃるでしょう。

子供やパートナーとの時間を大切にした上で、自分自身のやりたい仕事を追及していきたいという方は日勤だけの職場を探されることになりますね。

最近は看護師さんの多様な働き方を支援する職場が増えています。

採用側も慢性的な看護師不足を解消するには、働く人の事情をできるだけ考慮する必要があると理解するようになってきたといえるでしょう。

日勤だけの職場は、例えば、企業の健康管理室、訪問看護ステーションなど看護師としての勤務の他にも、医療機関や介護施設以外の職場、治験コーディネーターや国際空港での検疫官等があります。

日勤のみの勤務体系に代わった方は「人の死に立ち会うということがないためストレスがかなり軽くなった。」

「規則正しい生活ができるようになり、体調が良くなった。」

このように感想をくださる方が多いですね。

病気やケガをした人は誰もが弱気になりがちですから、そうした方を看護する看護師さんがストレスを上手に発散できない状態や、体調が思わしくない状態では患者さんにとっても決して良い状況ではありません。

働き方を変えることでイキイキとして患者さんに向き合うことができるならばぜひ前向きに転職を検討してみましょう。

このページの先頭へ